問題別の脚やせ対策

脚は独自のマッサージやダイエットで痩せにくいという話を良く耳にします。
それは脚についたセルライトを除去するのが難しいからといっても過言ではないでしょう。

 

このセルライトがつく原因は、カロリーの摂取し過ぎという一般的なもののみではなく、原因が人それそれにあるのです。ここでは、タイプ別のセルライトのつき方について説明します。

 

先にお話したように、ごく一般的にセルライトがつく原因として知られているのが「脂肪の摂り過ぎタイプ」です。
過剰なカロリー摂取は下半身を中心に皮下脂肪を肥大化させてしまいます。

 

また、塩分の摂り過ぎもむくみの原因となります。
このタイプの方は意識的に食生活の改善をしない限り脚やせに近づくことは難しいと思われます。
低カロリーでバランスの取れた食事に変える食事療法を行いましょう。

 

他に、普段の生活が脚太りの原因となってくる「環境原因タイプ」による脚太りがあります。
ヒールの高すぎる靴を長時間にわたり履き、疲労が蓄積されてしまったり、補正下着による着圧がきつい場合は末端神経の循環不良により血行やリンパの流れが悪くなります。

 

その他、冷暖房の使用しすぎも自律神経の機能を低下させます。
結果、セルライトが蓄積されてしまうのです。このタイプの場合は、少しの気遣いで改善が可能です。
身体に無理な負担をかけず、自律神経を整えるための定期的な運動などを心掛けましょう。

 

最後に、「代謝不良タイプ」が考えられます。
この体質はセルライトがもっともできやすい体質です。
過去の無理なダイエットなどが起因している場合が多くあります。

 

代謝が低下してしまっていると、どんなにダイエットをしても脚やせすることはできません。
まずは、食事や適度な運動により基礎代謝をあげることが先決です。

 

みなさんはどのタイプでしたでしょうか。
脚やせの際は、このタイプ別を把握した上で、自分にあった痩せ方を見つけましょう