脚やせと深い関係の靴選び

ヒールの高い靴を履いていれば、脚は細くなるという話を聞いたことはありませんか?
確かに、ヒールを履きこなしている細い脚の女性はビッシっと決まっておりかっこいいものです。
しかし、この話は半分迷信が入っているのです。

 

なぜならば、ヒールを履いて歩くとつま先に力が入らず、ふくらはぎが正しい筋肉運動をしないためです。

 

そのため、間違った筋肉運動が筋肉の付き方に歪みをおこしたり、脚がパンパンに疲労し固まってしまうのです。次第には骨盤の歪みまで引き起こしてしまうのです。

 

つまり、ハイヒールの履きすぎは間違った脚やせを導きかねないということです。

 

では、美脚のためにはどのような靴を選ぶのが正しいのでしょうか。

 

靴は歩く際に体重を少々内側にかけれるタイプのものが良いとされており、ヒールの高さは2cm程でかかとの部分が太くしっかりと体重を支えられるものが適切と言われています。

 

体重が外側にかかり過ぎないように、中敷きで調整したり、靴の外側に補助材を張るのも効果的でしょう。

 

とわいっても、女性としてはヒールを履きこなしたいものです。

 

その場合は、足が細くなるという話を過信し過ぎず、休憩時にヒールを脱ぎ軽くストレッチをするなどふくらはぎに正しい筋肉運動をさせましょう。
そして血液や老廃物の滞りを防ぎましょう。

 

食生活も正しく、適度な運動を行っているのに、なかなか脚が痩せないという人は靴選びを見なおしてみるのもひとつの手ではないでしょうか。