理想の脚の細さとは

自分の脚の太さについて客観的に知る機械はなかなかないと思います。
モデルや女優のサイズは一体どれくらいなのでしょうか。
一般的と言われるサイズはどれくらいなのでしょうか。

 

ここでは、自分の脚の太さを知る機会として一般的な理想のデータを紹介します。

 

まず、日本人の一般的な平均値は太ももが45cm~50cm、ふくらはぎが28cm~33cm、足首が18cm~20cmとされています。
これは平均値なので身長によって多少サイズは変わります。

 

次に自分の身長をもとに理想的な太さの計算方法について説明します。
太ももの計算方法は、身長(cm)×0.3で得ることができます。
ふくらはぎは身長(cm)×0.2、足首は身長(cm)×0.12となっています。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これはあくまでも一般的な数値です。
筋肉の付き方や引き締まり方によって異なるので、理想数値をオーバーしているからといって太っているということには限りません。目標のひとつとして把握しておくとよいでしょう。

 

なお、計測する際には測る位置を決めて、毎回同じ時間に計測することをお勧めします。
朝と夜では疲れやむくみなどでサイズが変わる可能性があるからです。
また、メジャーをきつく締め付けず、ちょうどフィットした数値が正しい数値になります。

 

脚の太さには様々な要因が起因してくると言われています。

 

理想のサイズを把握したら、理想のサイズに向けて自分がどのような努力をすればよいか考えましょう。