脚やせと年齢の意外な関係

年齢によって脚やせに対する悩みや対処方法は変わってくると思われます。
ここでは、年齢別による脚やせの方法について説明します。

 

脚やせで悩んでいるのは大人だけではありません。
小学生や中学生の頃からコンプレックスとして悩んでいる人もいます。
子供の脚が太くて悩んでいるという親からの相談もあります。しかし、この時期はまだまだ成長期です。

 

無理な食事制限などのダイエットを行ってはいけません。
これから筋肉がつき始める時期なので、この時期は正しい姿勢や歩き方を心掛け、身体や骨盤が歪まないようにすることを一番注意するべきです。また、完食は無駄な脂肪がつく原因となります。

 

運動については、授業での適度な有酸素運動程度で十分でしょう。

 

20歳を超えた頃からは、ある程度身体も完成していますので、様々な方法を取り入れていい時期といえます。
デスクワークで脚のむくみが気になり始める人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、20代というのは筋肉も適度に発達している時期なので、ダイエットや脚やせの効果が出やすい時期でしょう。

 

一方、30歳を超えると、徐々に代謝が下がりダイエットを試しても効果が得にくい時期になってきます。
細胞の活動能力が衰えてきて、エネルギー消費が減ってくるのです。

 

昔と食生活は変わっていないのに脚が太ってくるというものの原因は、このような細胞の不活発によるものです。
結果、むくみをおこしセルライトが気になってくる年代とも言えるでしょう。

 

脚やせ専門のエステサロンが打ち出しているものの多くはこの20代後半~30代をターゲットとしているものがほとんどです。