妊婦さんの脚やせ

妊娠してから脚が太くなったという女性の悩みを多く聞きます。
それは、普段の約3倍近く、身体が水分を貯めこむため、むくみが発生してしまうためなのです。

 

ただし、妊娠中は無理なダイエットは禁物です。
胎児に影響が出ないように、健康的に妊婦生活を送るのが優先です。
その中でできる脚やせについて、ここでは説明したいと思います。

 

まず、むくみと大きな関係がある塩分は控えた方がよいでしょう。
塩分は摂り過ぎると妊娠高血圧症候群の原因ともなるため注意が必要です。

 

また、むくみを解消することができるサプリメントや刺激の強いオイルでの自己流マッサージもお勧めできません。
オイルを利用した自己流マッサージは生殖器系のツボを誤って刺激してしまう可能性があるからです。
妊娠中は普段に比べて身体がデリケートになっているため、トラブルを招く可能性があります。

 

では、産後の脚やせダイエットを面倒なものにしないために妊娠中にできる脚やせとは一体何なのでしょうか。

 

お勧めは簡単なストレッチと軽いウォーキングによって血流を良くすることです。
また、足湯なども良いでしょう。足湯はリラックス効果も高い上に、身体に負担をかけずに血流も良くしてくれるます。
他にも、着圧ソックスを履くなどして、むくみ防止に備えましょう。

 

少しお金をかけられる人は、こういった全身に使えるボディローラーもおすすめです。

 

↓↓↓

 

プラチナローラーリファ

 

 

この予防で、妊娠前の体型に戻りやすく、また産後ダイエットも軽減することができますね。
妊娠中は栄養をしっかりと摂り、胎児に影響を与えずにできることを行いましょう。